fc2ブログ
XTC3【MTB】

これが【MTB日和】の役割なのだ。

【MTB日和vol29】・2 

さぁ、3ヶ月に1回発売される、「MTB日和」が発売されましたよ。
ナンバーにして、vol29となります。


もうすぐ30の大台刊行物となりますが、創刊以来、思えばこのブロ内でその都度紹介してきましたね。
それもこれも、心底この雑誌を応援しているからですね


途中、ややさまよいがちな方向性が見えた時期もありましたが、今回は如何に?

【MTB日和vol29】・3

まずは、ニューマシンの紹介です。
いろいろ掲載されていましたが、ジャイアントから発表されたニューマシーンに興味が。

全く新しいネームのMTBです。
値段がまた・・・・・こんな値段で売れるのかこのメーカーは?・・・・・てな感じの高スペックマシン。


さすがだね~、自転車会の巨人とか、ゼネラル・モーターズなんて評されるけど。

【MTB日和vol29】・4 

写真ピンボケ続きますが、実はこのスコットのスパークシリーズは自分がここ数年前から憧れているマシン。
予算が許せばのマシンですが・・・・・まぁ高嶺の花。

でも、こんなXCマシンは、街中では目立ちすぎて引いてしまいそうです。
王滝のようなガレ場をふっとんでいくのが似合いそうなレーサーマシンです。目の保養か。


【MTB日和vol29】・5 

おっと!


何か、懐かしい感じのする特集が組まれていました。
楽しいMTBは街にもちょうどいい?」・・・・・いいに決まってるはずです!

この雑誌の初期にはこういった特集がよく組まれ、それまで街中でしか自転車走行のない、または街中でしか自転車に乗らないユーザーのMTB層を広げていった記憶があります。


まさに、自分もその一人でした。


街中で、絵的にも映える、そしてほかの自転車と比較してもスピード以外では圧倒的なメリットをもつMTBに惹かれ、ユーザーとなったのが自分。


それから後の話ですよ、「山」や「ダート」の面白さを知ったのは。
MTBはどうしても「山バイク」のイメージが大きく、一部のマニア以外には敬遠されていたのが事実でしょう。


でも、こういった記事を目にすると、「おおっ!街中でもいけるのであれば、MTBも選択範囲内だな!」なんて人が潜在的に数多くいるはずです。
このスタートの門を広げる意味では、こういった記事こそが底辺の拡大につながるんだろうと改めて思います。

【MTB日和vol29】・1 

MTBのシティユーザーの面々です。
みんないい顔している!

【MTB日和vol29】・7 

【MTB日和vol29】・6

そんな中で、バランスよく、MTBツアーガイドの紹介記事があります。
バランスに長けた記事の組み方ですね。

今回はいい感じだぞ!

【MTB日和vol29】・8 

【MTB日和vol29】・9

そして、既ユーザーのためのパーツ紹介。
シューズにヘルメットに・・・・・・。


今回発売されたvol29を眺めていたら、何か、MTBを購入する前であった9年前の記憶が蘇りました。
スポーツ自転車を検討するにあたり、ロード・クロス・MTB・・・・・・どれにしようかと。

自身にとって、総合的なメリットのあるマシンはどれか?
やっぱし、MTBにしよう!

あのころのワクワク感が感じられましたね。


ロードバイクと違って、MTBは、「万能自転車」です。


この点を突出して記事にしていただいた今回の「MTB日和vol29」は、今、MTB購入を検討している方に是非おすすめしたい雑誌


書店かアマゾンで!



(↓ ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとクリックお願いします。)
スポンサーサイト



ジャンル: 趣味・実用
テーマ: 自転車
( 最終更新日: 2016/11/30 Wed )
  • コメント: 2
  • トラックバック: 0

シェアする

コメント

コメントがありません。

MTB日和は立ち読みが多い私です。
たま~に買いますが(^o^;)
この雑誌に限らず、新型マシンの記事は妄想に浸れるから大好きです♪
はんじーさんはスコットがお気に入りなんですね。
私のMTB終着点はサンタクルズかイエティ辺りですかねぇ・・・(笑
フルサスMTBは街乗りには流石にオーバースペックですね(^^;
やはり山で走るためのマシンです(笑
はんじーさんもフルサス行っちゃいます?
なかなか面白いですよ。
楽ですし(笑

  • はんじ-
  • URL
Re: タイトルなし

「輪人」さん、こんにちは。

スコットのスパークにすごく惹かれています。v-14
以前、雑誌でマシュンがこのマシンに乗っている写真を見て一発で魅了されました。

でもフルサスのこのクラスは・・・・貧乏人にはチット?

サンタクルズ・イエティ・・・本格派なメーカーばかりですね。
自分はあと、クロマグなんかに興味を持っていたりして。

妄想は非現実的なことばかりですが、確かに楽しいですね。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック