fc2ブログ
XTC3【MTB】

「MTB日和VOL.44」で最新マシンを考える。

【MTB日和vol.44】・1 
MTB日和vol44号が発売されています。
今回は書店に行く暇がないので、amazonで購入しました。

今回のメインテーマは、「ジオメトリーってなんだ?



早速中身を拝見しました。

【MTB日和vol.44】・2 
オープニングは、「インドア女子でも楽しめる(?)林間コースでMTBデビュー。
ゆるゆるのライドでまずはダートを満喫しましょうってなところでしょうか。

女子にはロード以上にMTBはもしかすると敷居が高いのかもしれません。
ダート走行時のあの「ボヨンボヨン」感は何とも言えない楽しさがあるんですがね。(^-^)/

【MTB日和vol.44】・3 

【MTB日和vol.44】・4 
さて、今回のメインテーマでもある「ジオメトリー」。
普段は全く気にするようなものではないのですが、現在の自分には結構興味の的だったりします。

特に紙面にも記載がされていましたが、一昔前のMTB乗りからすると、現在のMTB(ここでは特に29erを指す)は、全く異なる構造になってきているからです。


26⇒29に単にインチが変わったというのではなく、その方向性が大きく変わってしまいましたね。

特にクロスカントリー系で大きいようですな。(・Д・)ノ

【MTB日和vol.44】・5 
自分が購入した頃のXC系MTBというのは、とにかく「遠く低くそして軽く!」というのが絶対正義だったように記憶していますし、そのようなジオメトリーだったはずです。

しかし現在のXC系は、サスフォークのストロークも大きく、ヘッドアングルがとにかく寝ています。
これは一昔前のAM(オールマウンテン)タイプのようです。(´・Д・)」

XCの世界は、競技自体が複雑なロックセクションのようなものが含まれてきており、これに対応するべく変化したようです。
激しい下りは昔のXC系では想定になかったわけですからね。


ハンドルバーが700を超えるようなワイドなものになったり、フロントシングルにリヤのワイドレシオ化もそうでしょう。



しかし、これ、普段使いとしてはどうなんだろうという疑問も・・・・・。
一般ユーザーでは、XC系マシンを購入するのにあたって、当然平地走行が基準になっているはず。
そうすると、フロントシングルは全くスピード出ないし、700のワイドバーは必要性を感じないし・・・・・?




このあたりが、新型マシンを購入するのにネックになっているんだよね~?


【MTB日和vol.44】・6 

【MTB日和vol.44】・7 
一般ユーザのスナップ写真も。
今回は「今日は親子でMTB」。うらやましいですね。(^-^)/

【MTB日和vol.44】・8 
たまたまですが、自分が今最も着目しているマシンが2台並んで掲載されていました。

TREKのプロキャリバーとスペシャライズドのエピックHTです。

この2台がそもそも比較対象になるのかは疑問な部分もありますが、戦闘的なのはエピックのほうでしょうか。
S-WORKSの称号は外れていますが、それでも「エピック」です。速いに決まってる!


でも、やっぱしヘッドアングルが寝ているんだよね・・・・。
レースに参戦しない者としては、どう感じるかだな・・・・・・。

プロキャリバーはそれに比較すると、マイルドな感じがあります。
この下位モデルとしてのエクスキャリバーは値段的にも大変お得感があります。


次はこのあたりかな・・・・・なんてことを考えてみる。




どうなってしまうのかな・・・・・?




(↓ ランキングに参加しています。よろしかったら、ポチッとクリックお願いします。)
スポンサーサイト



ジャンル: 趣味・実用
テーマ: 自転車
( 最終更新日: 2020/12/15 Tue )
  • コメント: 0
  • トラックバック: 0

シェアする

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック